イエーーイ!! 「カリアンナイト9」 行ってきましたよ

10月29日  JR刈谷駅前周辺の飲み歩き会です

今回で9回目  刈谷商工会議所創立60周年記念も兼ねてますよ

参加商店街も60店舗  (ああどうやって5店舗を選ぼうかしら??と日夜考えておりました)

3500円で5枚(店舗)も飲み食べ歩きできるんです  1店舗700円でおつまみと飲み物


カリアン1




まずは 刈谷で有名な「丸来」の萬焼をお持ち帰りのためゲット  1枚で6個の冷凍です

これ しゅうまいのような餃子のような・・・美味しいのよ  テレビでも出てるよ(関東でもよ)

萬焼




さあ 次は 「や台ずし」です 

カリアン3

穴子にぎり  卵焼き  南蛮漬け  ビール

カリアン2




次は 「料理とお酒 木金堂」

先着のスイーツには お目にかかれませんでした (ショック)


カリアン10


カリアン7


カリアン8


カリアン4

ここは 結構有名な美味しいお酒 焼酎が置いていますね

カリアン5

面白いでしょう!!  ブランデーとジンジャーでブラジャーですって!!

カリアン6

蓬莱泉の 空と吟だぁ~  うちは 毎年一升瓶で空を2本  吟を1本予約して取りに行ってます

カリアン9





次は 「炉ばた 本店」

カリアン12


とろとろ豚角煮  きのこのサラダ  さつまいものレモン煮  もずくとオクラの酢の物

角煮がホントにトロトロ  美味しかったわよ
 
カリアン14




最後の5軒目は 「香楽本店」 でお腹をいっぱいに!!


カリアン21

マコモダケづくし (テンプラ  豚肉巻きの黒酢ソース  肉のレタス巻き)

カリアン19


カリアン20



ここの時点で お腹は水分とおつまみ各種で ポンポンとなりました


このイベントでは   こーーんな事も!!


やっぱ ビールの飲みすぎで手がブレるーー(1杯しか飲んでませんが・・・)アンデスの音楽を奏でています

カリアン11


おいらん道中でーす

カリアン15


カリアン16


カリアン17


キャー  若い  寒くないかしら???

カリアン18



今日は 楽しく過ごせました  いいねぇカリアンナイト!!



最後まで ご覧いただきありがとうございました  さとちんでした♪



スポンサーサイト

ロシア紀行 「サンクトペテルブルク 自由行動 ライトアップの巻」

10月9日  夜は自由!!    初めてのロシアの地下鉄に乗って レッツ ゴー!!

なーーんて か弱い女性の一人 夜の街 それも地下鉄なんて  絶対許可してくれませんねぇ~

餌食  いえお助けマンになったのが・・・ 偶然夕食のテーブルが一緒だったKさんとTさん   

ありがとうございます  お世話になります

外へ行くと言うので 図々しい私は すかさず 「一緒に連れってって!!」と・・・・

たぶん 「イヤ」だとも言えず・・・ ヤッター  ラッキー!! (ラッキーだったのは私だけかも?・・・)

お一人様参加は いかなる情報もキャッチして 絶えず自分から行動するが私の鉄則



地下鉄は ホテル建物の隣にあり 便利です  (私 ここがなんて言う駅なのかも知らない)

たぶん 「アレクサンドラ・ネフスカヴァ駅」から3号線へ(?)

地下鉄料金は 外にでなければ いつまで どこまで乗っても27ルーブル

窓口で27ルーブル払って コインをいただきます (自動切符販売機なんてありません)  



地下鉄は ソビエト時代に 爆弾等貯蔵するためのものでしたので 
1階から100mぐらい急なエスカレーターで  先も見えません!  
エスカレーターの終点には  ちいさな小屋には 見張りのおばさんが・・・怖くて写真も撮れませんでした


でーー着いた駅は カザン大聖堂の近くだったから・・・駅名は聞かないでくださいね


やっぱ 夜でも電線が気になりますね   夜は流れ星だと思ったらいいわね  でも 昼間よりキレイ!!

また カザン大聖堂を楽しんでね

foodpic2827959.jpg

大きいのよ 右側なの   説明は 前の投稿を見てね  ここよ    


foodpic2827961.jpg

すごい柱の数よね  内部は厳かな静寂に満ちた教会です  ソ連時代は反宗教博物館だったようです

現在は一般の教会ですが 建物も装飾も博物館並み  教会だから入場無料(でも見学してないよ)

foodpic2827962.jpg




次に  血の上の教会  あの葱坊主の教会ですよ


運河沿いに歩いていくと  そこは・・・幻想的ですね

foodpic2828016.jpg


foodpic2827963.jpg


foodpic2827965.jpg


foodpic2827966.jpg


foodpic2827967.jpg

昼間は 天気あまり良くなかったし・・夜の方がキレイよね    それに空いてるし・・・

foodpic2827968.jpg



ここで  ホテルに帰ろうかと・・・一駅ぐらいは歩いて行こう!!!   何かいいものがあるかも・・・

ほら!!  ネフスキー大通りから中に入ったところに  なんてカワイイ教会なんでしょう!!

foodpic2827969.jpg


お店のウインドーには   こんなかわいいお人形も

foodpic2827970.jpg

foodpic2827948.jpg


そこで  何か「食べていこうーー」ってことになり・・ ガイドブック片手に   カワイイ看板でしょう

foodpic2827940.jpg

カワイイクマさんがお出迎え

foodpic2827943.jpg

カワイイ内装でしょう

foodpic2827944.jpg

foodpic2827945.jpg

メルヘンチックよね

foodpic2827946.jpg

foodpic2827947.jpg

車輪がついてるのはイスなのよ

foodpic2828029.jpg


でーー食べたのは  コレ!  まずはビールとピロシキ(揚げてないのよ 焼いてあるお惣菜パン)

ドングリもカワイイイでしょう

foodpic2827920.jpg

ボルシチだったかしら???(食べ物忘れるなんて さとちんじゃあないみたい)

foodpic2827923.jpg

手が・・・震えて ピンボケです  サワークリームとクマの肉のペリメニ(水餃子)

クマ 熊ですよ    ちょっと獣のニオイが・・・

foodpic2827926.jpg

モチロン私一人で食した訳ではありませんよ   3名分がコレですよ  お間違えのないようにね!!


お腹もいっぱい  足も疲れてきたので   最寄の地下鉄駅へ

こちらの建物もキレイでしょう   ビール飲んでるから カメラ持つ手がブレますよ

foodpic2827934.jpg


STペテルブルクは運河と川の街   至る所に橋があります  夜中にはね橋になるのです

ライトアップされて・・・普通はこんなにキレイには撮れません   看板を撮ってきました

ここを船が行き来するのです

P1030177.jpg



ホテル到着  22時ぐらいだったかしら・・・

10月9日の歩いた歩数は  14,752歩

明日は  ついに エルミタージュ美術館6時間の見学です




最後まで ご覧いただきありがとうございました   さとちんでした♪

ダスキン 「くらしキレイBOX」 当選いたしました

モラタメさん ダスキンさん ありがとうございます

「くらしキレイBOX」が当選して  タメせます

便利でお得なおそうじセットなんです   これからの季節  大掃除にはもってこいの商品です


こんなカワイイ梱包にて来ました

くらし1

こんなに お掃除道具が入っていますね

くらし2


カワイイおたまじゃくしのスポンジも!!

ガラス用洗剤  油ヨゴレ用洗剤  カビ取り剤までついています

これで 用意万端です   ダスキンさん ありがとうございました




ロシア紀行  10/9 「遊覧船で運河めぐりクルーズと夕食」

JMBツアーの旅行日程表には 「遊覧船の運河めぐり」は9月出発までのプランでした

ですので 「今から遊覧船の船着場まで行きまーす」と言われた時は 皆さん顔を合わせ えええーーー!!

「そんな予定あったっけ!!」    まあラッキーなんですね   ありがたい事ですね


北のベニスと言われるサンクトペテルブルク

中心部には運河や川があり 観光船が運航しています

ネフスキー通りの船着場から 乗船します   私たちのグループだけの貸切です  16:30ぐらいです

天気はいつもと同じ どんより! 雨も・・・寒いです  息吐くと白いよ~

遊覧1


船は 室内でも 外でも自由に行き来できます   やせ我慢して ずーと外で頑張ります

運河から見る景色もまた情緒ありますね

遊覧2

あーーら  モデルさんかしら??   お世話になりましたMさんと一緒にパチリ!!

でも   顔なしって 怖くないかしら・・・   少しづつ私がバレてきそうな・・・


P1020247.jpg


P1020214.jpg


P1020216.jpg


遊覧3

あああーーーぶつかるーーー  皆さん 外にいると頭危ないですよーーー怖くて小さくなりました

遊覧4

運河からネヴァ川へ出てきました   エルミタージュですね (明日10日見学なんですね)

遊覧5


P1020237.jpg


P1020225.jpg


P1020226.jpg


たくさんの橋をくぐります    おしゃれな橋の欄干ですこと!

遊覧6


P1020239.jpg

ホテルでしょうか??

遊覧7

運河からの「血の上の教会」です

遊覧8

キレイな黄葉です   ああーあとお空が青かったら・・・ないものねだりをする私です

遊覧9

左の濃いピンクの建物は 工事中で絵の壁なんですよ  分かったかしら??

遊覧10


P1020210.jpg


運河クルーズも最終になってきました  青い建物はロシア正教会です

遊覧11


ちょっと望遠で撮ってみました  きれいな水色のドームですね  ああーまたもや電線がいっぱい

遊覧12

順不同の写真です  ご了承くださいませ




さあ 次は  夕食です  メインは「キエフ風カツレツ」です   17:50です


P1020259.jpg


P1020267.jpg

サーモンのオードブルです   白菜は生で召し上がるのですね

foodpic2827832.jpg

メインのキエフ風カツレツです

foodpic2827834.jpg

デザートです

foodpic2827835.jpg


紅茶でーす  自分で好きなように・・・リプトンですよ

foodpic2827837.jpg



食事が済みますと  ホテルに戻ります   19:30着です


この時間から ホテルにひっそりでは さみしいですよね!!  外へでかけますよ 


ライトアップが待っています   GO-ですよ 




最後まで ご覧いただきありがとうございました   さとちんでした♪

ロシア紀行 「血の上の教会 (スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)」

さあ 次の 「血の上の教会 (スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)」へ行きましょう

バスでユスポフ宮殿から向かう途中  黄色い建物は昔元老院の建物でしたが 現在は裁判所です

foodpic2833119.jpg

foodpic2833126.jpg


スパース・ナ・クラヴィー大聖堂  (血の上の教会)

歴史に翻弄されたロシア人の信仰を伝える「ロシア正教」

988年にウラジーミル大公がビザンチンからその教えを受け入れて以来 ロシア人の心の支えでした

皇帝アレクサンドル2世が1881年に爆弾を投げつけられて 運河の欄干にもたれながら息絶えた現場跡地に建てられたのがこの建物です

「血の上の聖堂」を意味するスパース・ナ・クラヴィー大聖堂です

次に即位した息子のアレクサンドル3世は 父を偲ぶための聖堂を一般公募しました

選ばれたのがこの色とりどりの葱坊主型ドームがそびえたつロシア正教会伝統の聖堂建築でした

旧都モスクワの聖ワシリー聖堂と似ているので古臭い建築だったらしいです


1883年に建築が始まり 完成は24年後です  ソビエト時代は弾圧を受け扉は閉じられたままでした

外壁から内装(上下東西南北全て聖書を題材にした芸術)まで全てモザイクで飾られています

foodpic2833156.jpg

よく行動を共にしたKさんとTさんです   大変お世話になりました

やはり電線が気になりますね   どこ行っても電線がありますね

foodpic2833166.jpg


ここから入場です   確かカメラ撮影は別料金がかかったような?無料かな?・・・フラッシュは禁止です

foodpic2833168.jpg

この大聖堂の前には このような建物がありました   赤い建物はハイスクールだったような・・・

左右下側のロマノフ王朝風衣装を着た方達は 観光客相手に写真を撮り報酬をいただくのです

foodpic2833169.jpg

内装は全て  ガラスに彩色して 小さく割って 貼り付けたものなんです   スゴイですよね

foodpic2833170.jpg


foodpic2833172.jpg


foodpic2833173.jpg

これが すべてモザイクで作った絵だなんて・・・気が遠くなりそうな作業ですね

血の上10


血の上11


血の上12


血の上14

すごく大きくて 豪華なシャンデリアです

15foodpic2833200.jpg


f16oodpic2833203.jpg


17foodpic2833206.jpg

この建物の模型です

血の上18

お分かりになるでしょうか?? モザイクが・・・

血の上19

中央祭壇の 両サイドにある祭壇です

血の上20


血の上21

中央の祭壇です

血の上22

中央祭壇の上の方にあるモザイクの絵です

血の上23


血の上24

この床のモザイクを守るために  私たちは 入場時靴カバーをはいています  この中には入れません

ここ以外はジュウタンで床のモザイクを守っています
  
血の上25

こちらは出口側からの全景です   これから一周しながら写真を撮っていきます

26foodpic2833231.jpg


27foodpic2833233.jpg


28foodpic2833237.jpg


29foodpic2833239.jpg


30foodpic2833241.jpg


31foodpic2833243.jpg


foodpic2833274.jpg


33foodpic2833260.jpg




いかがでしたでしょうか   天井もモザイクで出来ているんです   すばらしいですよ


このあとは  遊覧船に乗船して運河めぐり   夕食となります



最後まで ご覧いただきありがとうございます   さとちんでした♪

ロシア紀行 「 ユスポフ宮殿 」

「ユスポフ宮殿」は怪僧ラスプーチンが殺害された宮殿であります

超能力を持ったラスプーチンは血友病に苦しむニコライ2世の息子を治療することの出来る唯一の人でありました

皇帝の信頼も得ていましたので 政治に介入して国が乱れ 帝政ロシアの滅亡を恐れた貴族達は殺害計画をたてました

1916年12月29日 美人で有名なユスポフ公爵の奥様の病気治療と言う名目で招かれました

ラスプーチンに青酸カリ入りのケーキを勧めましたが  平然と平らげました

次に 青酸カリをグラスに塗って ワインを飲ませましたが平気でした

そして ユスポフ公爵はピストルで撃ちましたが 逆襲してきましたので 別室にいたドミトリー大公たちが

数発撃って  凍ったネヴァ川に投げ込みました    溺死だったそうです




では 「ユスポフ宮殿」の中をご案内いたしましょう


まず 入り口から入って  この階段を上ります

ユスポ1

階段から見上げますと  大きな立派で豪華なシャンデリアが迎えてくれます

天井のレリーフも スゴイの一言です

ユスポ2

こちらは 王妃(奥さん)の間です  いやに小さなベッドだと感じるでしょう

この時代では寝て眠ることはしません  座って寝るそうです

この寝室の階下に 公爵の寝室があります   専用階段で行き来できるようになっているそうです

ユスポ4

調度品も豪華です

ユスポ5

柱の上部のレリーフです   エジプトの円柱を思い出しますが  こちらは豪華です

ユスポ6

ここからの写真は 申し訳ございませんが  イヤホンガイドにての説明でメモを取っていません

色々なお部屋があって 何がなにやらです    説明なしとなりますがご了承くださいませ

ワーきれい   ワーすごい と感じていただけらば幸いです

ユスポ7


ユスポ8


ユスポ10

これは 平面に絵を描いたものです   立体的にみえますね

ユスポ12


ユスポ13


ユスポ15


ユスポ16


ユスポ17

こちらも柱のレリーフです

ユスポ18


ユスポ19

コレクション収納のお部屋です

ユスポ21

美術品です  印鑑でしたっけ!

ユスポ22


ユスポ23

あら この窓 うちのに似てるわね   なーーんちゃって言ってみたかったのよ

ユスポ24

これを書いた人は 海を見たことがなかったようです  でも想像力だけでもしっかりと描かれてますよね

ユスポ25


ユスポ26

ユスプフ劇場です  こじんまりとした劇場ですが  コンサート オペラ等で現在も利用されています

格式高い 劇場で プーチン大統領もご列席されています   とっても豪華です

ユスポ27


ユスポ28

こちらが 王族等 身分の一番高い方の観覧席です

ユスポ29


ユスポ30


ユスポ33


ユスポ34

とっても重厚なお部屋です

ユスポ35

この重厚なお部屋の扉です

ユスポ36

左に見えるすごいレリーフはイスです  横はテーブルの足です   わかりますか?

ユスポ37


あっ! さとちんだ!!!  そうだった  

ここでもモデルやっていたんだっけ!!(キッパリと イスでもテーブルの脚ではありませんよ この下のです)

ユスポ38


ユスポ39


ユスポ41

ペチカですね(暖炉)

ユスポ43


ユスポ44

ビリヤードがありました  奥はドーム状になっていて  ひそひそ話も大きく聞こえてしまうそうです

ユスポ46

今までとは ちょっと雰囲気の違うお部屋です

ユスポ47



写真だけの 宮殿案内となりましたが  楽しんでいただけましたでしょうか?

こちらで ユスポフ宮殿は 終了させていtだきます

次回は サンクトペテルブルク唯一の葱坊主式の寺院 「血の上の教会」です


最後まで ご覧いただきありがとうございました   さとちんでした♪

ロシア紀行 「ユスポフ宮殿 入場見学  シャンデリアの巻」

「ユスポフ宮殿」
サンクトペテルブルク随一の富豪と言われたユスポフ公爵の邸宅です

モイカ運河に面するクリーム色の優雅な宮殿です

ユスポ48

さすが重厚な紋章(レリーフ)ですね

ユスポ49


皆さん お気づきでしょうか?   ここは名探偵コナンでも 怪僧ラスプーチン殺害現場でも有名なんですが・・・

お話は 後日説明いたしましょう

18世紀後半 皇太子バーヴェルの結婚式が催された由緒ある宮殿で  1830年ユスポフ家のタチヤーナ・ユスポフ公妃がシュヴァーロフ家から購入 全面改装されました

ユスポフ家が催される舞踏会の華麗さ 調度品の豪華さは目もくらむ程です

カメラは別料金を支払えば 撮影可能でした

内部をご覧いただきたいのですが   先にシャンデリアのコレクションをご紹介したいと思います

各部屋には すばらしいシャンデリアが・・・

この時代に生きた貴族 王族の方達がこのシャンデリアの下で 何を話し 何を楽しんだのか・・・

ラスプーチン殺害計画 決行時の状況を 思い浮かべては いかがでしょうか



「ちょっと 灯りをつければ 昔の亡霊も逃げ出すことでしょう!」

ユスポ3


ユスポ11


ユスポ14


ユスポ20


ユスポ31


ユスポ32


ユスポ40


ユスポ42


ユスポ45


ユスポ9



この豪華なシャンデリアと天井の様子をご覧になられましたか・・・すごいですよね

これは まだ一部なんですよ  全てお見せしたら飽きてしまうかと・・・

すごく内部を見たくなったでしょう!!!


内部のご紹介は また!   お楽しみしてくださいね♪



最後まで ご覧いただきありがとうございました  さとちんでした♪

10月9日 ロシア紀行  お土産物屋さんと昼食

本日2回目の投稿記事です


必ず  ツアーですと お土産物屋さんに立ち寄ります

定番と言えば  マトリョーシカ  琥珀  イースター卵が有名です

マトリョーシカとは よく見かけますよね  木製の入れ子人形のことです

上下2つに分かれ 内部に一回り小さなお人形が  次々と小さな人形さんが肺ってます

大体 5体から20体ぐらいまであり   一番小さいのは・・・小さくて小さくて無くなりそうです

日本にも 同じようなものがありますよね  これをヒントにロシアで考案され パリの万博で有名になりました

菩提樹の木の物が高級とされ 透明の漆に 手書きのものが高価とされます

どうぞ  写真で撮ってきましたので 楽しんでください

お土産6

お土産1

お土産2

お土産3

お土産4

お土産5

イースター卵のもの入れです   とってもキレイです  うっとりでしたよ

お土産7

オルゴールになっています   フタを開けると スゴイ細工が・・・

お土産8

お土産9

お土産10





さあ やっと昼食です    1913年にオープンしたレストランです

昼1

昼4


これ  トイレの入り口です  モチロン男女わかりますよね  おしゃれよね

昼2


さあ レストランの中へ

昼3


本日 昼食のメニューは  

ペリメニ(ロシア風水餃子)とスープとリンゴパイと飲み物です

foodpic2819343.jpg

foodpic2819345.jpg

ちと 甘いかな

foodpic2819347.jpg

飲み物はコーヒーか紅茶  (紅茶は カップにお湯が入ってて自分でセイロンティーのパックを・・)
 
foodpic2819348.jpg



以上  本日はここで失礼いたします  一体いつになったらロシア紀行終わるんでしょうね・・・・


最後まで ご覧いただきありがとうございました   さとちんでした♪

ロシア紀行 「サンクトペテルブルク観光 ④」

JMBツアー「盛りだくさん グッドプライス 黄金の環を旅する 美しきロシア9日間」

ロシアのトイレ事情は 大変です  トイレがとっても少ないのです

ですので 宮殿見学時  ショッピング時  お食事時 しかないのです

公衆トイレは ガイドさんいわく 手荷物を持って入りにくくショックを受けるぐらい汚いとか・・・

たまーーに お金払ってまでも トイレに駆け込む事もありました (日本っていいなぁ)



では サンクトペテルブルクの観光に行きましょう

マリンスキー劇場です (レニングラード・キーロフ歌劇場とも呼ばれています)

こちらは 明日10日に本格的なバレエ鑑賞があります (OPではなくです)

サンクトペテルブルクいやロシア屈指の劇場で人気が高い所なんです

ロマノフ朝の皇帝アレクサンドルⅡ世の妻マリア妃に因んで「マリアの」と言う意味のマリンスキーと名づけられました
1860年の創立以来 クラッシク・バレエの伝統を守り 若い振り付け師やオペラ歌手の育成にも励んでいます

グリンカやムソルグスキー チャイコフスキーの全てのオペラの初演が行われ 白鳥の湖や眠れる森の美女などのバレエの初演が行われた劇場なんです

9-56.jpg

中は バレエ鑑賞時にアップいたします

9-39.jpg

屋根のレリーフです

マリ1

マリ2

マリ3  マリ4





では 次に スフィンクスを見にいきます  美術アカデミーの前に 2体あります

労働広場にあり 1832年にエジプトからプレゼントされたものです   花崗岩で出来ています

エジプト旅行紀のような写真は 時間なく(?)撮れませんでした (ザンネン)

スフィ1

大きな帽子’(王冠)をかぶってますね   重たそうです   エジプトから1年かけて来たそうです

スフィ2

ネヴァ川のほとりには・・心が穏やかになりますね

スフィ3




次は 国立サンクトペテルブルク大学の構内です

こちらは ロシアで2番目に大きな大学です (1番目はモスクワ大学)

16学部あり2万人の学生が 日夜勉学に励んでおります

卒業生には プーチン(法律学部) メドヴェージェフ(経済学部) レーニン(哲学)がいます

1742年にバロック様式で建てられた建物です   周りは黄葉キレイです

全て バスからの車窓です  赤と白の建物が印象的です

大学7

大学2

大学3

周囲の建物群です

大学4

大学5

大学6



今回はここまでにて 失礼いたします    本日18時に第2回目の投稿記事をアップさせていただきます


最後まで ご覧いただきありがとうございました   さとちんでした♪

中日本エクシス様の「東名×新東名 ビンゴラリー」当選

本日 2回目の投稿記事です

先日 8月25日 伊勢湾岸道からドライブした際にに ビンゴラリーをしていましたので

頑張って スタンプを押しながら SA・PAに寄っていました

応募した中で 「ビンゴコース 静岡県名産品」がこの度当選いたしました

中日本エクシス様  ありがとうございました

P1040360.jpg


P1040384.jpg


「丹那ミルクジュレ」は熱海市のお土産品

 ジュレですので ゼリーより柔らかく ミルクのお味がいっぱいの上品なお品でした



「こっこ」 こちらは有名ですよね  富士山のお土産品
 
 かわいいまんまるの黄色いケーキの中に 白いミルククリームが   ふんわり しっとりの美味しいお品です


「本山茶クグロフ」  こちらはお茶処の静岡ですので お抹茶味のカステラケーキ  小倉餡ソースもついてます

 本山茶は 安倍川上流に およそ800年もの歴史があるお茶の産地です  風味豊かなケーキです



「生しらす 駿河のくぎ煮 生姜風味」 静岡用宗港産  生のしらすを炊いてあるから 柔らかく美味しいんです

 アツアツご飯にのせて  おにぎりに  しらすご飯にと利用度は高い佃煮です



東名高速は 11月25日まで 「秋の得トクキャンペーン」開催中

新東名も 秋限定のメニューがどっさりとあります


どちらも  味覚の秋にふさわしい美味しくて ステキなメニューはいっぱいです


11月3日 神奈川県まで走りますので  今から何を食べて  何を買おうか検討中でーーす


皆さん 東名と新東名をドライブしながら  グルメをゲットいたしませんか!!




最後まで ご覧いただきありがとうございました   さとちんでした♪
     
プロフィール

さとちん

Author:さとちん
FC2ブログへようこそ!
ご覧いただきありがとうございます。

ご覧いただきありがとうございます
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム